〈untitled〉


こんにちは。ガラでもありませんが、ちょっと詩のようなもの?を書いてみましたArtist Mana です。

えっと、最近ハマっているドラマでしょっちゅう詩が出て来まして…なんかちょっと語ってみたくなりました(笑)文才はお恥ずかしいほどありません…🤣書いてて自分でも何言ってるのかよくわからないです(汗)


Photoは先日 車でサンルーフの下から撮った雨粒を。

‼️文面がやけに病んでる雰囲気になってますが決して病んではいないのでご安心下さいませ。





何をやってもダメな時ってある。
何を言っても無駄な時もある。

そういう時はただ、時間を置くしかない。
時間だけが解決できることもある。


辛い過去や記憶はゆっくりと時間だけが癒してくれるから…今はそれを待つしか無い。


辛い記憶や苦しみを忘れたい…
だが、忘れようとするほど頭から離れない。

その呪縛からはきっと、死なない限り逃れられない。



だけど、確かな事がある。

全てを背負って生きればより光は輝いて見えるんだ。

闇を知っているからこそ、光の素晴らしさがわかるように…

光があるからこそ
影が生まれるように。


闇は全て包む。しかしそれは永遠ではないし、
完全な闇は存在しない。



夜の闇は月と星が照らしてくれる。

曇天の隙間からは必ず光が差し込むように…
もう何も怖くない。


たまに立ち止まって考えてみる。
どんなに辛い過去でも 邪悪なものは何一つ無い。

過ちも、失敗も先へ進む為に必要な闇。


光しか知らない者は居ないはず。
闇は己を強くする大切な要素だろう。



0コメント

  • 1000 / 1000