画家のアトリエ DIY Vol.1 / 大作制作スペース作り


今週はアトリエ、春の大掃除をしていました!もう、ずっと制作漬けになっていて掃除出来てなかったので絵の具散乱+埃も積もってましたね🥺

さて、今年もDIYの季節がやってきました♪
今回は久々にガッツリDIYをします。



今までこんな環境で大作を描いてました。

描けなくもないけど、やはり描きづらく筋肉痛になりやすくて💦

(このあと邪魔だ〜って事でドア外しちゃいました)


昨年、夏に私 初めてF100号の絵画制作をしたんですがすっかりハマってしまい…家族からは保管スペースも占領するし、カンヴァスが届いた時 廊下に置くので邪魔だと、文句を言われておりますが💦


本気で将来的に海外進出をしたい私としては今から大作も沢山制作して、5年〜10年後には普通に10m級の作品が手掛けられるようになりたいのです。(その頃には確実に大きなアトリエを建てたいですね)




というわけで、現在の手狭な4畳半は微妙にない自宅アトリエでまずはF100号が今よりも楽に、余裕を持って描けるようにセルフリノベーションすることにしました✨

しばらく設計を練りながら「アトリエイーゼル」というF100号が載せられるものを買おうか検討しました。これを窓側の一番面積のあるところに置いたらいいんじゃないかと。

しかし、奥行き60cmは必要で それは邪魔になるだろうとマネージャー(母)に言われ…更にイーゼルはイーゼルとしてしか使えないねと父に言われ😅


確かに引退はあり得ないけどずっと普通の絵画を制作しているかは確信が持てないし、スペースがあれば本当は床に置いて描きたい気持ちもあるので(絵の具垂れるのが嫌で)イーゼルにこだわるのは辞めてみることに。


そこでこんな設計を考えてみました!
部屋の一番広い面積の窓の壁面をリノベーションして大作描画スペースにしようと思います。

で、これを作成する為に
ホームセンターに行き…


窓を大掃除。
多分、5年くらいはこんなに窓の隅々まで掃除してないわってくらい磨きました。

こうして窓を開けると広く見えるから不思議!因みに外には木が生えていてたまに眺めてます😊


次回、このカーテンを外して目隠しシートを貼ります♪




be continued→

Mana Osawa official site /大沢愛

〈Mana Osawa official site〉芸術家 /画家・写真家 大沢愛の公式サイト